ミニセグウェイで楽しむダンステクニック

スケートボードや自転車のプロのパフォーマンスは、見ていると圧倒されますね!最近では、ミニセグウェイを使ったダンスパフォーマンスが公開されています。

近未来のような動きがどこか異次元を感じさせるのも、ミニセグウェイの魅力です。機械でしかできない動きと、プロが見せるテクニックが合わさって、楽しいダンス動画になっています。

セグウェイを乗りこなすプロフェッショナルたち

シンプルな動きでもダンスのように見えるのがミニセグウェイのすごいところです。フォーメーションダンスにミニセグウェイをパフォーマンスの一部として取り入れると、近未来なダンスパフォーマンスに変化しますね。

こちらは、バスケットの動きとセグウェイの動きが合わさった動画です。コートで光るミニセグウェイのライトがかっこいいですね。
重心移動だけでキュッと停まれるので、バスケットでゴールを決める時にもスムーズに動いています。スポーツにセグウェイを取り入れてみるのもおもしろそうです。

見てるだけで楽しいセグウェイ動画

プロのダンスパフォーマーも、ダンスにセグウェイを取り入れて、楽しんでいます。歩いたり走ったりして移動するところを、ミニセグウェイを使うことで未来っぽい不思議なスタイルの動画に仕上げていますね。

プロだからこその乗りこなし

ダンスやスポーツで、ミニセグウェイを使うと、こんなに楽しくかっこよくなるんですね!ミニセグウェイならではの動きがとても魅力的です!
ダンス動画や、パフォーマンスで使用している場合方は日頃から鍛錬されているプロのパフォーマーの方達です。※激しい乗り方は事故の原因に繋がりますので十分注意してご使用ください。


覚えておこう、カスタムパーツでKINTONE製品をもっと楽しむ

KINTONEは、少しの体重移動でだれでも簡単に乗りこなせます。
持ち手がないので私にも乗れるかしら・・・と不安に思う方やKINTONE持ってるけど違う楽しみ方もしたい!という方におすすめのKINTONEカスタムパーツをご紹介します!

KINTONEスタンダードモデルは、カラー4種類から選べメディアでも取り上げられているのもありKINTONEシリーズで人気が高いシリーズです。さらにこれ一つでカートのようにアレンジできたり、ハンドルがつけられたりするんです。

カスタムパーツ、KIntone Gearを知ろう

KINTONE Gearをご存知ですか?
こちらは、立ったまま体重移動で進むミニセグウェイにコンパクトな椅子と足を載せる部分、操作ハンドルを付けて、立ち乗り型を3輪カートにチェンジすることができる商品です。

こちらの商品に乗るとゴーカートに乗っているような感覚を味わえます。にぎりやすいグリップでハンドル操作もラクラクなので、とってもおすすめのアイテムです。

カラーは2種類でホワイトとブラックがあります。
【取り付けられる商品】
KINTONEスタンダードモデル/KINTONEオフロード/KINTONEクラシック/KINTONEカーボンモデル

KINTONE Gearはこちら

カスタムパーツ、Kintone Stickで乗りこなそう

バランススクーター専用スティックパーツもおすすめです。KINTONE RODはハンドフリー操作に不安があったり、バランスが取りづらいという方には、安心して乗れるアイテムです。

スタンダードモデルのみ対応しています。ハンドルで重心移動ができるので、乗っている時にかなりの安心感が味わえますよ。取り付け方法をinstagramでご紹介しています。ぜひチェックしてくださいね。

KINTONE RODはこちら

キャリバッグーで持ち運びも楽ちん

KINTONEバランススクーターは、コンパクトサイズで簡単に持ち運べるように見えますが電動式で少し重いのと取ってがないためそのまま持ち運びをするのは困難です。

そんな時、KINTONE公式サイトで販売しているKINTONEスタンダードを購入すれば特典として専用キャリーバッグがついてきます。

キャリーバッグを使えばとってがあり持ちやすく目的の場所までの持ち運びが楽になります。汚れがつきにくい素材で泥などがついても洗い流しやすく、水にも強いのが特徴です。少し長めの持ち手でKINTONEの重みを分散させてくれます。

KINTONEスタンダードはこちら

KINTONEオプショナルパーツを使ってもっとKINTONE製品を楽しんでくださいね。


ミニセグウェイの販売店は?

テレビなどで話題のミニセグウェイ、気軽に個人でも購入して乗れるバランススクーターです。
簡単な体重移動だけでスイスイ進むミニセグウェイは、ジャスティン・ビーバーなどの世界的スターや、俳優の高橋一生さんや松田龍平さんなどの有名人の間でも話題になっています。
公園などで乗れるので、家族で過ごす休日やイベントなどにうってつけのアイテムです。

KINTONEスタンダードモデルが大手家電量販店ヨドバシカメラで発売決定

大手家電量販店ヨドバシカメラさんでKINTONEを販売していただくことになりました。KINTONEは今後も販路拡大をしていく予定です。今まで、公式サイトや動画でしか見たことのなかった商品を実際に手にとっていただくことができるようになります。

【販売店舗一覧】

●ヨドバシカメラ マルチメディア横浜店

〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1丁目2−7
http://www.yodobashi-yokohama.com/

●ヨドバシカメラ マルチメディアAKIBA 店

〒101-0028 東京都千代田区神田花岡町1−1
http://www.yodobashi-akiba.com/

●ヨドバシカメラ マルチメディア梅田店

〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町1−1
http://www.yodobashi-umeda.com/

●ヨドバシカメラ 西口本店携帯スマートフォン館 B2F

〒160-0023東京都新宿区西新宿1-11-1
*店舗HP無し

●ヨドバシカメラ マルチメディア吉祥寺 5F

〒180-0004東京都武蔵野市吉祥寺本町1-19-1
http://www.yodobashi-kichijoji.com/

●ヨドバシカメラ マルチメディア川崎ルフロン 4F

〒210-0024神奈川県川崎市川崎区日進町1-11
*店舗HP無し

※写真はヨドバシカメラマルチメディア秋葉店さんのものです

ミニセグウェイを体験するならここへ行こう!

また、セグウェイ体験ができる施設も各地にありますので、お近くの体験施設に足を伸ばしてみるのもおすすめです。

体験施設をチェック
奈良県の冒険の森、静岡県のフルーツパークときのすみか、また茨城県や沖縄県でもセグウェイツアーへの参加が可能です。特に茨城県のシティツアーは公道を走るのが難しい日本で数少ないツアーです。
セグウェイ・ミニセグウェイ・バランススクーターは簡単な体重移動だけで操作できるので、乗るだけで不思議と笑顔がこぼれます。大人の方でもまるで少年・少女の頃にかえったかのように楽しんでいただいています。

家族全員が楽しめるKINTONEを持って次の休日に出かけてみるのはいかがでしょうか。


簡単に乗れるミニセグウェイ、メーカーごとに比較してみよう

ミニセグウェイは、スケボーのようなコンパクトなサイズ感で、気軽に乗れるおすすめアイテムです。個人でも購入できて、公園などで遊べて楽しい乗り物です。

誰でも気軽に乗れますが、いろいろなメーカーから出ているのでどれを選べばいいのか迷いますよね。スペックや安全性、走行距離や付属品などから選んでみましょう。

有名なセグウェイ

セグウェイというのは、セグウェイジャパンのブランド名です。

バイクのような大きいサイズのものでリゾート地、企業、警備会社などで使用されています。リゾート地で体験したことがある人も多いと思います。代表モデルは最長38km走行可能で安定した走りをしてくれます。

しかし法人しか購入できないため個人での購入は困難です。

参考/http://www.segway-japan.net/

Ninebot E

セグウェイと似た形でハンドルがついておりどなたでも安定した走行を期待できる商品です。ハンドルバーを分解して車に載せることが可能で、小さいスペースでの保管もできます。

ミニセグウェイシリーズと比べ、価格が53万円と高値なので購入するのに躊躇してしまいますよね。

参考/http://www.ninebot.jp/

KINTONEなら個人でも持てる!

KINTONEは安全面でも価格面でもおすすめなメーカーです。コンパクトなミニセグウェイサイズを主に扱っているので、付属品も充実しています。KINTONEシリーズは、ブレーキがなく重心移動だけでだれでも簡単に乗れるシンプルな設計です。

安心でリーズナブルなメーカー

ミニセグウェイシリーズだと他にもv-boardや、海外からの輸入ボードチックスマートなどがあります。

KINTONEは、スタンダードモデルで5万円以下と手を出しやすい価格設定です。

シンプルでかっこいいデザインに加えて、ぶつかっても壊れにくい頑丈なボディ・クッション性のあるタイヤを使用しており滑りにくく地面とのバランスで安定性を確保してます安全設計に重点を置いているので家族で楽しむアイテムとしておすすめです。

 

お気にいりのデザインを見つけよう

KINTONEなら、スタンダードモデルで、ホワイト、ブルー、レッド、オレンジの4色から選べます。黒をベースとしたコンパクトなボードに入った色がとてもかっこいいですね。

お気に入りのカラーを選んで、かっこよくミニセグウェイを乗りこなしましょう。また、用途に合わせて、専用のスティックパーツをつけたり、カートタイプに変身させて楽しむのもおすすめです。

KINTONEスタンダードモデルはこちら