公道で乗るための手続き

公道で使用するためには以下の手続きを行なっていただく必要があります。 下記の対象商品以外の登録はできませんのでご了承ください。

対象商品

・Kintone αGO (電動キックボード)

・Kintone TRIKE (電動3輪バイク)

購入からお届けまでの流れ

先にお送りする「Kintoneスターターセット」には
手続きの流れや申請に必要な書類が入っています。

市町村の役場で「標識交付申請」、コンビニ等で「自賠責保険」の申し込みを済ませた方から製品をお届けいたします。

①スターターセットのお届け

お届け先のご住所に「Kintoneスターターセット」を送付いたします。

もし、発送の連絡から数日経っても届かない場合はサポートまでお知らせください。

●スターターセットの内容について

 ・販売証明書
 ・車体番号の石ずり
 ・保安部品の写真

②「標識交付申請」の手続き

「標識交付申請」の手続きは市区町村で行なっていただきます。
(いわゆる「原付登録」です。)

この手続きを行うことによって「ナンバープレート」を受け取ることができます。

・用意するもの

☑️ 窓口へ来られる方の本人確認書類 (免許証や保険証など)

☑️ 印鑑 (認印可)

☑️ 代理申請の場合は、申告書への本人の印鑑及び代理人の印鑑が必要です。

☑️ 販売証明書
※スターターセットに入っています。

☑️ 写真 (全体・車輪間の距離が確認できるメジャーを当てたもの)
※スターターセットに入っています。

☑️ 軽自動車税 (報告)書兼標識交付申請書 (原動機付自転車・小型特殊自動車)
※標識交付申請書は自治体によってホームページからダウンロードできる所もありますので、お住いの市区町村役所にご確認ください。

☑️ 石ずり
※スターターセットに入っています。

販売証明書とは?
販売証明書とは車名・車体番号・排気量・型式・販売店名・連絡先電話番号が記され、押印されたものです。
スターターセットに入っています。
石ずりとは?
石ずりとはバイクに打刻されている車体番号を紙等に写し取ったもので、役所が車体を確認する際に利用します。
Kintone αGOは前輪タイヤの上にシリアルナンバーの記載があります。
スターターセットに入っています。

③「自賠責保険」のお申し込み

自賠責保険は必ずご加入ください。

コンビニでも加入可能ですので、ご自身でお手続きをお願いいたします。

・用意するもの

☑️ 標識交付証明書 (②「標識交付申請」の時にもらえる書類です。)

☑️ 保険料 (現金精算の場合が多いので事前にご用意ください。)

▼参考 2020年4月以降 原付(〜125cc)の保険料
契約期間
1年
2年
3年
4年
5年
保険料 (本土用)
7,060円
8,950円
10,790円
12,600円
14,380円
保険料 (沖縄用)
5,240円
5,340円
5,440円
5,540円
5,640円

・お申し込みに必要な情報

☑️ ナンバープレートの番号
 標識交付証明書に記載されています。
 ナンバープレートでも確認できます。

☑️ 車台番号
 標識交付証明書に記載されています。
 「Kintoneスターターセット」の販売証明書や石刷りでも確認できます。

☑️ 契約者様の氏名

☑️ 契約者様の住所

☑️ 保険期間
 1〜5年の契約ができます。
 期間が長い方が1年あたりの保険料がお得になります。

☑️ 保険開始希望日

▼自賠責保険のお申し込みができるコンビニです。
(クリックすると各コンビニの自賠責保険の申込ページに進みます。)

未加入のリスク
自賠責保険の加入は法律で義務付けられています。

「6か月以内の免許停止(反則点数6点)」+「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」
自賠責保険加入に必要なもの
  • 標識交付証明書
  • ナンバープレートの情報 (既に交付されている場合)

④ナンバーと自賠責保険の写真を送る

製品の発送はナンバーと自賠責保険の加入を確認してからになります。

 

 

軽自動車税の納付

毎年5月に所有者へ納税通知書が送付されますので、ご納付ください。

軽自動車税とは?
自動車の所有者には「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」がかかりますが、軽自動車の所有者には「自動車税」の代わりに「軽自動車税」がかかります。

その年の4月1日に車両を所有している方(法人を含む)にかかる税金です
支払い方法は?
軽自動車税は基本的に公共料金の納め方と同じで、銀行や郵便局などの金融機関やコンビニなどで支払うことができます。
自治体によってはクレジットカードやネットバンキングでの支払いも可能です。

任意保険への加入

加入は必須ではありませんが、万が一の事故に備えご加入をおすすめします。

自賠責保険だけではカバーしきれない運転者本人のケガや、他人のものに損害を与えてしまった場合の保障がされます。

・加入の際は「原動機付自動車保険」か、所有する自動車の任意保険に「ファミリーバイク特約」の追加でも可能です。詳しくは保険会社にてご確認ください。

Kintone|ミニセグウェイと電動キックボードの日本メーカー【公式通販】