キックオフし、後部の足をクルーズコントロールパッドの上に置くと、
足をパッドから離れるまでその速度を維持します。

■ 本体重量 3.9kg
■ 最高時速15km
■ 1回の充電で最大8km走行可能
■ サイズ:700×220×115mm
■ バッテリー寿命:充電回数約300回
■ 最大体重制限90kg 最低体重制限10kg

付属品

本体/専用充電器/取扱説明書/

国内保証書発行(半年間の無料修理保証)/日本語説明書付き

 

【返品交換について】
【Kintone 電動製品補償サービスについて】

あなたの手ではなく、あなたの足で電動スケートボードを体感しよう!
EZ SKATEBAOARDはインテリジェント感圧パッドを備えています。
それは車のクルーズコントロールのようにスムーズで、
コントローラを手で操作する必要はありません。

通常のスケートボードのようにキックオフし、
後部の足をクルーズコントロールパッドの上に置くと、
足をパッドから離れるまでその速度を維持します。

EZ SKATEBAOARDの薄膜スイッチは、信頼できる速度制御だけでなく、
ほこりや湿気などの外部の要素に対する耐性も提供します。

EZ SKATEBOARD本体下部には、電源スイッチや充電インジケータなどが設置されています。
2つのモード切り替えと5段階のスピード加速機能付きで、自分好みのライディングスタイルをを楽しめます。
ON/OFFスイッチで電源を入れ、「モード切替スイッチ」を長押しで通常モード又はブレーキモードを選択します。
ステータスインジケータでモードの確認が可能です。

通常モードは、4km/h 以上の速度時にセンサーエリアを踏むことで、その速度を維持するようパワーアシスト*します。
パワーアシストは、後ろ足のセンサーエリアに足が乗っている間だけ働きます。
センサーエリアから足を離すとアシストはオフになり、通常のスケートボードと同じ状態になります。
*パワーアシスト:4km/h 以上の速度時にセンサーエリアを踏むことで、その速度を維持するようアシストする機能。最高速度は時速15km。

ブレーキモードも、4km/h 以上の速度時にセンサーエリアを踏むことでパワーアシストが開始されます。
通常モードとの違いは、走行時にセンサーエリアを再度タップすることで最大5段階まで加速が可能です。(最高時速15km/h)
センサーエリアから1秒以上足を離すとブレーキが作動します。