公道走行可能電動キックボード | キントーンアルファゴー | Kintone α GO
公道走行可能電動キックボード | キントーンアルファゴー | Kintone α GO
公道走行可能電動キックボード | キントーンアルファゴー | Kintone α GO
公道走行可能電動キックボード | キントーンアルファゴー | Kintone α GO
公道走行可能電動キックボード | キントーンアルファゴー | Kintone α GO
公道走行可能電動キックボード | キントーンアルファゴー | Kintone α GO

公道走行可能電動キックボード | キントーンアルファゴー | Kintone α GO

通常価格
¥109,890
通常価格
¥109,890
セール価格
¥109,890
単価
あたり 
公開状況
売り切れ
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

Kintone αGO (アルファゴー)はKinotneの電動キックボードのシリーズで最も人気のある”Kintone α”を元に作られた、公道走行専用モデルです。ワンタッチで簡単に折りたため、携帯性も抜群です。

 

  • 自宅⇆駅⇆会社or学校の新しい移動手段に
  • 折りたたんで持ち運べるのでどこにでも持っていける!
  • いつもの移動をラクに楽しく!

一緒に令和の”ちょい乗り革命”を起こしませんか?

 

スペック

  • 最高時速25km
  • 1回の充電で最大5km〜10km走行可能(※体重・路面状況により誤差があります)
  • 安全性を考慮した2つのブレーキ
  • 折りたたんで持ち運び可能
  • 液晶モニターで速度・走行距離・バッテリー残量を表示
  • 3段階の速度調整可能

付属品

  • 本体
  • 専用充電器
  • 取扱説明書
  • 販売証明書 (原付登録の際に必要になります。)

当店だけの購入特典

  • 半年間の無料修理保証の付いた国内保証書発行
  • 日本語説明書付き


2019年秋、Kintoneが満を時して発表した「Kintone α GO (キントーン アルファゴー)」

一般販売がついにスタートしました!

クラウドファンディングでは総額3471万円のご支援をいただきました!

「Kintone α GO (キントーン アルファゴー)」とは

   公道走行可能電動キックボード   

です。

付属のストラップで肩にかけて

 持ち運び自由自在! 

電気だけで動くので

 ガソリンも不要でエコ! 

です。

世界各国でラストワンマイルの移動革命として注目を集める電動キックボードですが、
日本での公道走行は禁止とされていました。

そこで、Kintoneは、国土交通省が定める保安部品を適切に取り付けることにより、
電動キックボードを原動機付自転車登録することに成功!

これにより、手軽に持ち運べ、
移動に革新的な進化をもたらしている

電動キックボードが、
日本でも走行可能になったのです。

※ラストワンマイル:利用者の最寄りに位置する基地局から目的地を結ぶ最後の区間のこと。
(例:会社から駅。駅から自宅など。)


今まで、私達の移動の大きな問題は

 駅 ⇔ 会社(学校)

 駅 ⇔ 自宅

など、

「交通機関から目的地までの
短い距離の移動方法」

「交通機関から目的地までの短い距離の移動方法」

でした。

歩いたり、
自転車に乗ったり、
バスに乗ったり、
優しい両親に車で駅まで送ってもらったり...

様々な方法で移動してきました。

でも・・・

歩く と疲れるし・・・

自転車 は駐輪場を見つけないといけない・・・
坂が疲れる・・・
移動先の駅からはどうやって移動するの・・・

バス・・・いつになったら来るの・・・
(もう20分も待ってますが・・・)
(しかも料金結構高いね・・・)

言えない・・・
(「お父さん、今日は残業で夜12時頃に
駅につくから迎えに来て・・・」)

ですが、

この持ち運びができて、公道走行可能な

Kintone α GOなら、
この問題をすべて解決できます!

Kintone α GOなら、この問題をすべて解決できます!

 ▶︎自宅から駅まで

玄関に置いてあったKintone α GOでビューン!

 ▶︎駅で

素早く折りたたんでそのまま電車へGO!

 ▶︎駅から目的地まで

サッと組み立てて、そのまま目的地へGO!

今までの問題は、Kintone α GOと
一緒なら解決することができます。

今までの問題は、Kintone α GOと一緒なら解決することができます。

電動キックボードが"移動革命"と呼ばれているのはなぜでしょうか?

今、世界中で電動キックボードによる移動がブームになっています。

なぜ、そこまで電動キックボードによる移動がブームになっているのか?

それは・・・

・電気で走行可能なため、エコ。

・直感的操作で乗れるので、特別な練習は必要なし。

・さっと乗って、さっと移動して、さっと停められる手軽さ。

・折りたたんで自宅の玄関にもおいておけるコンパクトさ。

そして、なにより、

今までになかった新しい移動の体験

が受け入れられていて、徐々に世界中で
次世代の移動のスタンダードとなっています。

私達、Kintoneは2015年から、
電動キックボードを日本で販売してきました。

しかしながら、日本は道路交通法の関係で
公道走行をすることができませんでした。

そのため、自宅の敷地内、工場や学校での移動に主に用いられてきましたが、それでは本当の移動革命とは言えません。

そこで、
日本の道路交通法に適応した製品を新たに開発しました。

今度はあなたに

世界のスタンダードになっている
「新しい移動の体験」
提供したいと思います。

世界のスタンダードになっている
「新しい移動の体験」を提供したいと思います。

Kintone α GOは、Kinotneの電動キックボードのシリーズで最も人気のある"Kintone α"を元に作られた、公道走行専用モデルです。

Kintone α GOの特徴は、
なんと言ってもコンパクト&軽量なことです。

本体の重さは約10キロ。
大体ママチャリの半分です。

スーパーで買えるお米10キロと同じくらい。
女性でも持ち運びできる重さです。

コンパクトに折りたたんで、
ササッと持って移動することもできます。

折りたたむとかなりコンパクトになるので、
玄関脇に置いて保管したり、
車のトランクに入れて目的地まで運んだりすることが可能です。

操作も簡単です。

ハンドルに付いているアクセルを押して、
キックボードを少し漕ぎ出せば前に進みます。

ブレーキを掛けるときは、ハンドルについているブレーキを押すか、後輪についているブレーキを踏むか、どちらかでもOK。

液晶モニターで、速度や充電の残りなどもわかりやすく確認できます。

最高速度は25km/hです。
(乗る人の体重によって少し変動します)

一度の充電で走ることができる距離は、
5kmから10kmです。
(こちらも体重や路面状況により変わります)

Kintoneの電動キックボードシリーズとしては、最も軽く、最もコンパクトなので、

今まで電動キックボードに乗ったことがない方でも安心して乗っていただけます。

自宅から駅、駅から会社など、短い区間を気軽に走るために最適化されたモデルとなっています。

Kintone α GOは電動キックボードです。

ガソリンを使わず、排気ガスも出すことはない、エコな乗り物です。

充電されたKintone α GOの電源を入れ、
アクセルレバーを押し、あとはあなたが

一回、蹴りだす

だけで、あとはスムーズに動きます。
(安全のため最初だけ漕ぐ必要があります)

充電は家庭用のコンセントに専用の充電器を
つなぐだけでOK。

家でもオフィスでもどこでも充電することが可能です。

電気で動く、エコで未来的なKintone α GOを蹴り出し、あなたも新しい移動を体験してみませんか?

Kintoneは、2015年に誕生した電動モビリティの日本ブランドです。

日々、革新的な電動モビリティを開発、紹介するために活動しています。

現在は行政とも協力し、電動モビリティの普及活動を行っています。

先日は電動モビリティの普及に興味をお持ちいただいている、つくばみらい市長に試乗いただきました。

まだまだ、日本の電動モビリティの普及は始まったばかりです。

道路交通法が大きな壁となり、なかなか前に進むことができていませんが、今回の公道走行モデルが大きく支援されれば、規制にも風穴を開けることができるのではないかと考えています。

エコで革新的な電動モビリティの普及を推進すべく、Kintoneは今後も活動を続けていきます。

また、Kintoneは多くのメディアにも取り上げられています。

人気テレビ番組での出演実績や、その他、雑誌・WEBの掲載も多数ありますので、ぜひ御覧ください。

メディア掲載実績はこちら

-Kintone α GO メディア掲載情報 (抜粋)-

●新聞

・日本経済新聞、日経電子版

●web

乗っているとニコニコしてしまう、電動キックボードを公道で乗るには? - カービュー!

時は来た!電動キックボードで公道を走れますよ - &GP

都会の筋斗雲になるか? 公道を走れる電動キックボードの登場だ! - OCEANS

自転車移動のイライラを解消?最新「電動キックボード」に乗ったら驚いた - bizSPA!フレッシュ

●雑誌

・「2nd」1月号 (2019/11/15発売)

・「MonoMax」3月号 (2020/2/9発売)

・「GetNavi」4月号 (2020/2/27発売)

・「HotDog-PRESS」(2020/2/27配信号)

さらに、試乗会や販売会を開催する機会も多くありました!

新宿マルイメン (11/1〜11/30)

冬スポ!! (東京・名古屋・千葉)

・蔦屋書店・蔦屋家電

・ヨドバシカメラ

など

人間を乗せて動く電動モビリティ。

安全性は十分に担保する必要があります。

私たちKintoneでは、電動キックボードの生産を内製化し、すべて自社工場で作り上げています。


【Kintone α GOは専用工場で生産しています】

自社工場で生産することで、使用する電池や部品の性能や供給を担保することができます。

安価な他社商品は、中国の工場に生産を完全に依頼していることが多く、どのような部品が使われているのかを、ブランド側ですら完全に把握できていない場合も多いです。

Kintoneは部品の入手から、すべてに責任を持って、商品を開発・製造しています。

Kintone α GOは「原動機付自転車」登録をすることによって、公道で走行することが可能です。

原動機付自転車を購入・廃車したり、所有者や住所・氏名などの登録内容を変更するときは手続きが必要です。

公道走行の有無に関わらず、原動機付自転車等や小型特殊自動車を所有している場合は車両の登録手続きが必要です。

<ナンバーの取得>

■新規登録に必要な書類
①身分証明書
(免許書や保険証などの本人確認書類)
②販売証明書(標識交付申請書に販売者の記名・押印があれば不要)
③印鑑
④代理人の印鑑(代理人が手続きする場合)
⑤軽自動車税(報告)書兼標識交付申請書(原動機付自転車・小型特殊自動車)

※登録する市区町村によって異なる場合があるので申請する際は事前にお住いの市区町村役所のサイトなどをご確認ください。

※標識交付申請書は自治体によってはホームページからダウンロードできる所もありますので、お住いの市区町村役所のサイトなどをご確認ください。

<自賠責保険の加入>

自賠責保険は必ずご加入ください。
コンビニからも加入可能ですのでご自身で手続きお願いいたします。

・バイク自賠責/ 原付(〜125cc以下)にご加入ください
・加入の際にナンバープレートの番号や車台番号が必要になりますので、予め情報をご確認ください。
・ステッカーはナンバープレートに貼り付け義務があり、自賠責保険書は携帯義務がありますのでご注意ください。

弊社は登録に関しまして代行等は行っておりませんので、お住いの市区町村役所へご自身でお確かめの上、ご購入者様本人でお手続きくださいますようお願い申し上げます。

※保安装置に関しましては、国土交通省での形式登録を行う際に、指導により現在のものから違う形へと変更する場合があります。予めご了承ください。

Kintoneは日本メーカーとして、販売した商品には手厚いサポートを行っております。

Kintone α GOに関しましては、完全保証期間を1年に設定しております。

1年以内に想定された要因によりKintone α GOが使用不能になった場合は保証を受けることができます。

通常使用で1年以内に不具合が発生した場合、無償で修理・交換対応をさせていただきます。また保証期間を経過した後でも、原則有償にて修理等の対応をさせていただきますので
お気軽にカスタマーサポートまでお問い合わせください。

※詳しくは取扱説明書をご覧ください。

Kintone専用サポート(平日:10-18時)
050-1743-9444
sale-support@earthship.co.jp

<スペック>

最高速度:20~23km/h
最大走行距離(※路面状況が良好の場合):1回の充電で5~10km
本体サイズ:縦105cm、横47cm、高さ120cm
タイヤ外径:直径14cm
本体重量:10kg
最大体重制限:120kg
バッテリー:中国製リチウムバッテリー25.2V/4.4Ah(パワー:180kw)
充電器:AC 100V~240V / 50~60HZ
素材:アルミ
カラーバリエーション:ブラック、ホワイト
製造メーカー/ブランド:KINTONE
生産国:中国

※一部デザインの変更や性能アップを予定しております。
ご了承くださいますようお願い申し上げます。

詳しくは下の「Kintone α GO 試作品室」をご確認ください。


<注意事項>

本製品は一人乗りです。
二人以上では絶対に乗らないでください。

健康状態がすぐれない場合は、すぐに使用を中止してください。
飲酒運転はもちろん禁止です。

その他、法律や条例等で定められた交通ルールを守ってご利用ください。

・安全が確認されたヘルメットを着用ください。
・アルコールを摂取後の使用はおやめください。
・スピードの出し過ぎは大変危険です。コントロール可能な範囲でお使いください。
・人、荷物の運搬には使用できません。
・急カーブでの走行、無謀な運転はおやめください。
・急な上り坂、下り坂での使用はおやめください。

Q. Kintone α GOはどのような乗り物ですか?

Kintone α GOは、電動モビリティの日本メーカーKintoneが開発した、公道走行が可能な電動キックボードです。

重量10kgと持ち運びできる重さで、コンパクトに折りたたみ可能です。

自宅から駅、駅から会社など、短い距離の移動に最適なモデルとなっています

Q. 最高速度はどのくらいですか?

Kintone α GOの速度は25km/hです。体重や走行している路面状況により異なります。

Q. 最高走行距離はどのくらいですか?

Kintone α GOの走行距離は5kmから10kmです。体重や走行している路面状況により異なります。特に、坂を登ったりすると、走行距離が短くなる傾向があります。

Q. Kintone α GOは原動機付自転車登録ですか?

はい、そうです。
原動機付自転車の登録はご自身で行って頂く必要があります。所定の書類を持って、市役所や区役所でご登録ください。

原動機付自転車ですので、法定最高速度は30km/hです。ヘルメットの着用義務もございますので、ご注意下さい。

Q. Kintone α GOで歩道を走るのは違法ですか?

公道走行モデルですので、歩道を走行することはできません。

Q. Kintone α GOの電源を切って、歩道を走るのは違法ですか?

道路交通法 第2条3項によると、以下のように書かれています。

この法律の規定の適用については、次に掲げる者は、歩行者とする。
1、身体障害者用の車いす、歩行補助車等又は小児用の車を通行させている者
2、次条の大型自動二輪車若しくは普通自動二輪車、二輪の原動機付自転車又は二輪若しくは三輪の自転車
(これらの車両で側車付きのもの及び他の車両を牽引しているものを除く。)を押して歩いている者

つまり、Kintone α GOの電源を切り、「押して歩いている」場合は、歩行者とみなされます。一方、「乗って走行している場合」は歩行者とみなされない可能性がありますのでご注意ください。

Q. 付属のストラップの取り付け方を教えてください!

折りたたんだ状態で上部、下部にそれぞれベルトを通してください。
アジャスターで通した部分をしっかり締めてください。

Q. 女性でも持ち運びできますか?

Kintone α GOの重量は約10kgです。こちらはママチャリの半分、お米10キロと同じです。コンパクトに折りたたみ、肩にかければ、多くの方が持ち運びできる重量です。(持ち運びできるかどうかは個人差もありますので、事前にお米やペットボトルなどでシミュレーションお願いします)

Q. 子供でも乗れますか?

Kintone α GOを公道で運転するには、原動機付自転車を運転できる免許が必要です。普通自動車免許や原動機付自転車免許が必要になります。

未成年でも、免許さえあれば、公道で運転することは可能です。

また、公道ではない、自宅の敷地内などは、特に年齢制限はございません。(自己責任での判断となります)

Q. 最大許容重量はどのくらいですか?

120kgまでは走行可能です。ただし、重量が大きくなると、速度は遅くなり、走行可能距離も減少します。

Q. 充電はどのように行いますか?

家庭用のコンセントから、簡単に充電することができます。充電時間は約4時間です。











youtubeではロングバージョンのPVをアップしています。

URL:https://www.youtube.com/watch?v=YsNsrMt5WMo&t=3s

(注)現在ご紹介しているバージョンは試作品1となります。

一部デザインの変更を予定しております。
ご了承くださいますようお願い申し上げます。

<変更予定箇所>

・日本の道路交通法を遵守するために保安部品のバージョンアップ

・最高速度を23km/h → 25km/hにアップ

・モーターとバッテリーのグレードアップ (25.2V/4.4Ah → 36V/6.6Ah)

中国製からLG製に変更したため安全性もアップします。

・段差による衝撃を受けにくくするために、タイヤを5インチ → 6.5インチに変更予定です。

※下の写真は試作品2の写真です。
現在、デザイン等の最終調整を行なっています。

part_DSC06206_加工
tiref_DSC06148_加工
tirer_DSC06151_加工
part_DSC06201_加工
side_DSC06229_加工
side_DSC06218_加工
riar_DSC06159_加工
number_DSC06161_加工
top_DSC06217_加工
front_DSC06236_加工
x